美術考古館の隠れた名品展 作品入れ替えのお知らせ

「美術考古館の隠れた名品展」の展示作品を一部入れ替え、太刀と木喰仏像が展示されました。

3月3日(日)までの公開となります。

太刀(諏訪正恒、細樋国綱)

木喰上人「拝滝不動明王像」「文殊菩薩像」

 

◆展示作家

安藤耕斎、小口正二、大和作内、伝 狩野芳崖■、小平鼎、清水多嘉示、篠原昭登、下条康麿、高浜虚子、東郷青児、中村一郎、西岡瑞穂、木喰上人▲、太刀(諏訪正恒、細樋国綱)▲

■:前期(1月4日―2月4日)

▲:後期(2月8日―3月3日)

 

会期:1月4日(木)~3月3日(日)

※会期中、一部作品の入れ替えがあります(2月5日(月)、2月6日(火)は入れ替えのため臨時休館)

休館日:毎週水曜日、2月13日

開館時間:10:00~18:00

入館料:一般370円(260円)、小・中学生160円(110円)

※( )は10名以上の団体料金

※諏訪6市町村に在住・在学の小・中学生、岡谷市内に在住・在学の高校生は無料です