小口寉甫展 自然流の書

岡谷市出身の小口寉甫(かくほ 本名は賢一。1913-2003)は、百貨店カネジョウを創業、経営するかたわら、書や盆栽、水石の制作に取り組み、国内外で多くの作品を発表し、その分野を普及させました。本展では、そのうち書の作品に焦点を当て、書家としての小口の生涯と作品をご紹介します。
小口は諏訪蚕糸高等学校(現岡谷工業高等学校)卒業後、書を津金寉仙(かくせん)に師事し、川村驥山(きざん)にも多大な影響を受けました。そこで身に付けた基礎を土台に、彼らに学んだ書と自らの個性を発展させて独自の様式を生み出し、「自然流」と名付けました。その多くは一字書で、同じ文字がさまざまな字形や線、墨の濃淡で表され、多彩な表情をもつ絵画的ともいえる書です。
また、小口は若い頃から、近所に住んでいた洋画家 髙橋貞一郎と親しくするなど、他分野の芸術にも造詣を深め、地域の作家たちを支援する活動にも尽力しました。
岡谷市美術会顧問を22年間にわたって務め、さらにカネジョウの店舗の一部に展覧会場を設け、地域の作家たちに発表の場を提供しました。
小口は、作品制作や文化振興活動をはじめ事業経営に至るまで、日々の生活の中で出会うさまざまな事物に芸術を見出していました。
芸術に対する深い思いに裏打ちされた、伸びやかで表情豊かな書の数々をご覧ください。

 

 

会期:5月16日(木)~7月15日(月)

休館日:毎週水曜日

開館時間:10:00~18:00

入館料:一般520円(370円)、小・中学生260円(160円)

※( )は10名以上の団体料金

※諏訪6市町村に在住・在学の小・中学生、岡谷市内に在住・在学の高校生は無料です